川上先生の部屋 ~地すべりのお話~

プロフィール・記事一覧

川上先生プロフィール

川上 浩

川上 浩

九州大学工学部土木工学課卒業後、同大大学院を経て同大助手となる。以後昭和38年より信州大学助教授、同大教授を経て平成5年から同大工学部長を務め平成10年3月に退職。
その後放送大学長野学習センター所長を務めた後、平成15年4月より平成20年11月まで明治コンサルタント株式会社の顧問(長野支店駐在)に就任した。

大学在職中は「不飽和粘土の性質」と「斜面の安定問題」を研究。
また、地すべり・土石流・土砂崩れによる労働災害についての調査を行った。
昭和60年には地附山地すべり文部省調査団長となり、また平成8年には蒲原沢土石流労働省調査団長として「土石流による労働災害防止マニュアル」の作成に務めた。
代表的な著書として「不飽和土」(土質工学会発行)がある。
昭和8年1月生まれ。

先生のご趣味は社交ダンス。
そして、何事にあっても「きさくな先生」です。

地すべりのお話 記事一覧

第1回 地すべり地滑落崖直下に地下水あり 2006.12.27
第2回 地すべり地滑落崖直下に地下水あり-その2 2006.12.27
第3回 地すべり地滑落崖直下に地下水あり-その3 2007.01.29
第4回 土石流は渓床勾配3度で止まる 2007.02.28
第5回 土砂崩壊による天然ダムは安定か? 2007.03.28
第6回 斜面内の間隙水圧 2007.04.24
第7回 ダム湖湛水時の椅子型斜面の崩壊 2007.05.25
第8回 垂直切り取り壁の安定性 2007.06.27
第9回 地下水の流れと間隙水圧 2007.07.19
第10回 ある地山の間隙水圧  2007.08.28
第11回 ボ-リング作業中の水位 2007.09.21
第12回 全長多孔管で保護したボ-リング孔の水位は不可 2007.10.16
第13回 全長多孔管内で計測される水位の意味 2007.11.24
第14回 簡易揚水試験の有用性 2007.12.19
第15回 ボーリング作業中の水位-その2 2008.01.25
第16回 水質から地下水の根源を知る その1 2008.03.05
第17回 水質から地下水の根源を知る その2 2008.03.21
第18回 水質から地下水の根源を知る-その3 2008.04.29
第19回 溶脱作用によるクイック・クレイの形成 2008.05.23
第20回 クイック・クレイ地すべりの例 2008.06.29
第21回 斜面の安定解析-飽和重量法と有効重量法  2008.07.26
第22回 半無限長斜面の安定解析 ― その1 2008.08.28
第23回 半無限長斜面の安定解析-その2  2008.09.30
第24回 氷河堆積物中の地すべり-その1 2008.10.31
第25回 氷河堆積物中の地すべり-その2 2008.11.25

Page Top