長野岩石図鑑

安山岩(andesite)『皆神山火山岩』 長野市松代町皆神山

概要

36_2_a.jpg
岩種 火成岩
地質年代 新第三紀 中新世
採取地 長野市松代町皆神山

一般的な特徴

《安山岩(andesite)》
 閃緑岩に相当する火山岩。
 一般に斑状で、斑晶は中性の斜長石・単斜輝石・斜方輝石・角閃石・黒雲母・磁鉄鉱からなり、カンラン石を伴い、まれにザクロ石・キン青石・ジルコン・チタン石などを含むことがある。石填は壌間状・毛せん状・隠微晶質・ガラス基流晶質・ガラス質などの組織をしめし、短ざく状斜長石・短柱状または粒状の単斜輝石・斜方輝石・酸化鉄・アノ-ソグレ-ス・鱗珪石・クリストバル石・ガラスなどからなる。
 おもな斑晶鉄苦土鉱物の種類により、含カンラン石安山岩・輝石安山岩・角閃石安山岩・黒雲母安山岩に分類され、一般にこの順に珪酸・アルカリ増加し色指数が減少。
 はじめ、L.V.Buch(1836)がアンデスの粗面岩様の火山岩に対し命名。
 安山岩は造山帯における最も普通な火山岩で、石英安山岩・流紋岩とともにカルクアルカリ系の主要な岩石。
 安山岩の成因につき、1)玄武岩マグマから由来、2)マントル内での初生的安山岩マグマの生成、3)地殻下部の再熔融などの考え部ある。

固有の特徴

《皆神山火山岩》
 松代町皆神山南西麓石切場跡を模式地とする。
 層厚は見掛け約400m(地上部約250m、地下部約150m)。
 角閃石含有普通輝石紫蘇輝石安山岩溶岩である。
 肉眼的に淡桃-淡紫-赤紫-赤褐色の部分と、灰白色-淡青灰色の部分があり、同一露頭においても比較的緻密な部分と粗雑で見掛け比重の小さい部分が混在するが、同一岩帯の部分的差異にすぎないと、思われる。一般に新鮮な部分は淡青灰色で、帯紫-帯赤色の部分は酸化され風化の程度が大きい。
 主に安山岩溶岩からなり、斑晶としては斜長石が最も多く、普通輝石および紫蘇輝石も含む。さらに少量の角閃石や磁鉄鉱を含有する。石基はガラス質で斜長石、輝石の粒状結晶、磁鉄などが目立つ。

 写真は淡赤紫色のもので、白色球状部分は斜長石、白色角形の角閃石や黒色に輝く紫蘇輝石もみられる。

採取地写真

36_1_a.jpg

Page Top