長野岩石図鑑

安山岩(andesite) 長野市芋井郷路山

概要

38_2_a.jpg
岩種 火成岩
地質年代 新第三紀 鮮新世
採取地 長野市芋井郷路山

一般的な特徴

《安山岩(andesite)》
閃緑岩に相当する火山岩。
一般に斑状で、斑晶は中性の斜長石・単斜輝石・斜方輝石・角閃石・黒雲母・磁鉄鉱からなり、カンラン石を伴い、まれにザクロ石・キン青石・ジルコン・チタン石などを含むことがある。石填は壌間状・毛せん状・隠微晶質・ガラス基流晶質・ガラス質などの組織をしめし、短ざく状斜長石・短柱状または粒状の単斜輝石・斜方輝石・酸化鉄・アノ-ソグレ-ス・鱗珪石・クリストバル石・ガラスなどからなる。
おもな斑晶鉄苦土鉱物の種類により、含カンラン石安山岩・輝石安山岩・角閃石安山岩・黒雲母安山岩に分類され、一般にこの順に珪酸・アルカリ増加し色指数が減少。
はじめ、L.V.Buch(1836)がアンデスの粗面岩様の火山岩に対し命名。
安山岩は造山帯における最も普通な火山岩で、石英安山岩・流紋岩とともにカルクアルカリ系の主要な岩石。
安山岩の成因につき、1)玄武岩マグマから由来、2)マントル内での初生的安山岩マグマの生成、3)地殻下部の再熔融などの考えがある。

固有の特徴

《第三紀の貫入岩》
裾花凝灰岩部層を貫く。
灰紫色で大きな斑晶の目立たない含普通輝石角閃石紫蘇輝石安山岩で、柱状節理が発達し、岩体の周りを崖錐が覆っている。
鏡下では斜長石・紫蘇輝石・酸化角閃石・普通輝石・磁鉄鉱の斑晶が認められ、石基はハイアロピリテック組織(*1)を示し、クリストバル石(*2)・燐灰石(*3)・ソ-ダ輝石を含んでいる。
*1:ハイアロ(hyalo)とはガラスを意味する接頭辞(ギリシャ語源)で、ガラスを含む岩石・組織名につける。
例;ガラス質(hyaline),ガラス基流晶質(hyalopilitic),ハイアロオフィテック(hyaloophitic),ガラス質斑岩状(hyalinocrystalline)。

*2:クリストバル石(cristobalite)。珪酸鉱物の一種。硬度6~7,比重2.33,無色~白色。皮殻状、脈状、結核状などに低温で生成する場合と、火成岩中に高温でできる場合とがある。しばしば火山岩中の晶洞などに産出。

*3:燐灰石(apatite)は骨の鉱物の平均組成であり、化石の骨の鉱物はRogers(1924)により。collophane(骨塩)と名付けられ、Bassett(1926)によって骨
や歯の無機成分が燐灰石に似ていることがX線的に確認され、基本構造は燐灰石と決定された。火成岩・変成岩の副成分鉱物、ペグマタイト~熱水性鉱床、堆積岩中の団塊、石灰岩中など産状多種。樹脂状~ガラス光沢、白・帯緑・灰・黄・青・紫・紅色など、条痕無色。ときに蛍光・燐光を発する。アクアマリン・紫水晶・ホタル石などと長らく混同されていたことにちなみ、ギリシャ語のapatas(だます)から命名。リンの主要鉱石鉱物として肥料・薬品・工業原料に用いる。

採取地写真

38_1_a.jpg

Page Top