長野岩石図鑑

安山岩(andesite)『烏帽子岳溶岩』 上田市上野『虚空蔵山』

概要

39_2_a.jpg
岩種 火成岩
地質年代 新第三紀 鮮新世
採取地 上田市上野『虚空蔵山』

一般的な特徴

《安山岩(andesite)》
閃緑岩に相当する火山岩。
一般に斑状で、斑晶は中性の斜長石・単斜輝石・斜方輝石・角閃石・黒雲母・磁鉄鉱からなり、カンラン石を伴い、まれにザクロ石・キン青石・ジルコン・チタン石などを含むことがある。石填は壌間状・毛せん状・隠微晶質・ガラス基流晶質・ガラス質などの組織をしめし、短ざく状斜長石・短柱状または粒状の単斜輝石・斜方輝石・酸化鉄・アノ-ソグレ-ス・鱗珪石・クリストバル石・ガラスなどからなる。
おもな斑晶鉄苦土鉱物の種類により、含カンラン石安山岩・輝石安山岩・角閃石安山岩・黒雲母安山岩に分類され、一般にこの順に珪酸・アルカリ増加し色指数が減少。
はじめ、L.V.Buch(1836)がアンデスの粗面岩様の火山岩に対し命名。
安山岩は造山帯における最も普通な火山岩で、石英安山岩・流紋岩とともにカルクアルカリ系の主要な岩石。
安山岩の成因につき、1)玄武岩マグマから由来、2)マントル内での初生的安山岩マグマの生成、3)地殻下部の再熔融などの考えがある。

固有の特徴

《烏帽子火山群》
烏帽子火山群とは小諸層群を基盤としてその上に高くそびえている、高帽子岳(2065)
湯の丸山(2105)・籠の登山(2228)・三方が峯(2040)・高峯山(2105)を圭峯として、
殿城山(1193)・大富士山(1537)・九竜山(1643)などの低い火山丘などを含む火山群
を総称する。
本火山群は第四紀洪積続の塩川層を基盤として発達した火山であるという説(本間)
と、その骨格は主として第三紀鮮新世につくられたもので、鮮新統の小諸層群の発
達過程に形成された火山であるとする説(飯島・中田)とがある。
亀帽子岳溶岩
烏帽子岳は少なくとも3回の溶岩を噴出している。すなわち、第1溶岩は金原渓谷
の下流に、第2溶岩は上田市豊里区清水に分布するが、大部分は第3溶岩(頂上溶
岩)に覆われている。
鳥帽子岳では第1溶岩は金原渓谷付近で活動し、第2溶岩はこれより低地で噴出し
西南方に流出したようである。従って、烏帽子岳頂上付近では第1溶岩と第3溶岩
との間に時代的間隙があると推定される。
第1・第2溶岩の凝灰角礫岩は布引累層に供給されている。
写真は烏帽子岳第2溶岩と推定される安山岩で、普通輝石紫蘇輝石安山岩である。

採取地写真

39_1_a.jpg

Page Top