長野岩石図鑑

黒色片岩(black schist) 上伊那郡高遠町非持(山室川右岸)

概要

51_2_a.jpg
岩種 変成岩
地質年代 先第三紀
採取地 上伊那郡高遠町非持(山室川右岸)

一般的な特徴

泥質岩起源の低変成度結晶片岩。緑色片岩にならった日本での通称。
石墨を含み、外観が黒色を呈するためで、正確には泥質片岩。
一般に片理が著しく、リニエ-ション・褶曲構造もよく発達している。
構成鉱物は白雲母・緑泥石・石墨・斜長石・石英。
高変成度になると黒雲母片岩になる。
鱗片状、薄板状に割れやすい。風化すれば必ずしも黒色でなく、灰~銀白色となっている事がある。
※黒雲母片岩;黒雲母を主成分鉱物のひとつとする結晶片岩。
一般には泥質岩起源で、白雲母と緑泥石が反応して黒雲母を生じたもの。

固有の特徴

三波川帯
三波川帯とは、中央構造線に沿い、そのすぐ南を中部地方から近畿・四国を横切り九州佐賀半島にまで延々700km余にわたって連続する結晶片岩帯のことである。
三波川という名称は、関東山地に分布する結晶片岩に対して、その模式地である群馬県南甘楽郡三波川の渓谷から、小藤文次郎(1888)によってつけられた。
三波川帯は、西南日本外帯で最も北に分布する変成岩で、結晶片岩(黒色片岩・緑色片岩)・緑色岩・苦鉄質~超苦鉄質岩などからなり、ところによって石灰岩やチャ-ト・砂質片岩などを挟み込んでいる地層である。
三波川の南側には秩父帯が並行して分布し、さらにその南側に仏像構造線と呼ばれる大きな断層を境にして四万十帯が分布する。
採取地は中央構造線の東側に接しており、緑色片岩と互層して産出する。
中央構造線の西側には、領家帯の変成岩であるマイロナイトが分布する。
(圧砕岩参照)

採取地写真

51_1_a.jpg

Page Top