長野岩石図鑑

礫岩(conglomerate)『追沢礫岩砂岩層』 上水内郡 信州新町 風越 『久米路峡』

概要

08_2_a.jpg
岩種 堆積岩
地質年代 新第三紀 鮮新世(追沢○岩)
採取地 上水内郡 信州新町 風越 『久米路峡』

一般的な特徴

《礫岩》
礫が基質によって膠(こう)結された岩石。膠結物としての基質は砂質・泥質・石灰質・珪質などいろいろの場合があるが、砂質のものが最も多い。
礫岩の種類は粒度・礫種・膠結物などによって分けられる。
礫種が1種のときは単元礫岩(単成礫岩)、2種以上のときは多元礫岩(複成礫岩)というが、前者はまれ。
不整合面の直上に乗る礫岩を基底礫岩(basalconglomerate)という。これに対して一連の地層中にある礫岩を層内礫岩(層間礫岩)、一連の地層の最上位にある礫岩を頂上礫岩(海退礫岩)という。
礫岩は一般に新しい地質時代ほど多い。

固有の特徴

《追沢礫岩砂岩層》
 本層は水篠橋から上尾間に模式的に分布し、信州新町東方から山布施付近まで分布する。層厚は460m程度である。
 主として粗粒砂岩と小礫岩からなり、中に2枚の安山岩質凝灰角礫岩をはさむ。
 下位の信里層・論地層とは漸移するが、信里層の中に特徴的に入ってくる石英粒を含んでいない層位でやや機械的に分層してある。また論地層とは、信里層との同じ層位で分層されているが、追沢層と論地層の境界は不明瞭なところがある。
 岩相は粗粒砂岩ないし含小礫砂岩が多い。水篠橋、追沢付近では褐色、粗粒の砂岩を主とし、この砂岩は塊状で斜交葉理が良く発達し、しばしばノジュ-ルを含んでいる。風化すると虫喰い状になり、山清路層下部の差切塊状砂岩とにている。
 一部に10cmの厚さの砂質泥岩をはさむ。
 礫岩は、礫を含む砂岩から漸移し、境界が明瞭でない場合が多い。礫はチャ-ト・粘板岩・ひん岩などが多い。桜井東方、山布施付近では、砂岩は次第に凝灰質になり、浮石などが含まれるようになる。
 本層の中部及び上部には2枚の安山岩質凝灰角礫岩がはさまれている。(写真)
 火山礫や火山弾を火山灰が固結しており、一部では溶岩流も見られる。
 この他、角閃石や輝石の結晶を含む火山砂岩層が部分的に発達しているが、あまリ連続しない。
 本層の中央部には神田背斜がある。北翼では一般に50゚前後の傾斜を示しているが氷熊付近では垂直の部分も見られる。神田背斜にほぼ平行した小さな向斜及び背斜がみられ、ここでは複背斜的な構造を示している。南翼では40~60゚の傾斜を示すが、西南部の今泉付近では複背斜的構造を示している。
 このほか層内断層もしばしば見られる。

採取地写真

08_1_a.jpg

Page Top