長野岩石図鑑

礫岩(conglomerate)『細貝凝灰岩礫岩層』 北安曇郡 小谷村 佐原 『横根沢』

概要

09_2_a.jpg
岩種 堆積岩
地質年代 新第三紀 鮮新世(細貝○岩)
採取地 北安曇郡 小谷村 佐原 『横根沢』

一般的な特徴

《礫岩》
 礫が基質によって膠(こう)結された岩石。膠結物としての基質は砂質・泥質・石灰質・珪質などいろいろの場合があるが、砂質のものが最も多い。
 礫岩の種類は粒度・礫種・膠結物などによって分けられる。
 礫種が1種のときは単元礫岩(単成礫岩)、2種以上のときは多元礫岩(複成礫岩)というが、前者はまれ。
 不整合面の直上に乗る礫岩を基底礫岩(basalconglomerate)という。これに対して一連の地層中にある礫岩を層内礫岩(層間礫岩)、一連の地層の最上位にある礫岩を頂上礫岩(海退礫岩)という。
 礫岩は一般に新しい地質時代ほど多い。

固有の特徴

《細貝凝灰岩・礫岩層》
 本層は、姫川右岸に分布し姫川断層にはさまれている南小谷累層の中間層である。
 東親沢で最も良く観察される。
 礫岩が優勢で、礫岩は全体として硬く、安山岩・チャ-ト・石英斑岩・流紋岩・大峰型石英安山岩などの礫を含み、いずれも径10~数10cmで、良く円磨されている。上部には2枚の流紋岩質凝灰岩がはさまれている。この凝灰岩は硬く、良く連続するので、鍵層として岩戸山向斜構造を追跡するのに有効である。
 本属の下部からは軟体動物化石の産出が多い。

採取地写真

09_1_a.jpg

Page Top