長野岩石図鑑

花崗岩(granite)『高瀬型花崗岩』 安曇郡奈川村大白川

概要

25_2_a.jpg
岩種 火成岩
地質年代 中生代 白亜紀
採取地 安曇郡奈川村大白川

一般的な特徴

《花崗岩(granite)》
カリ長石・酸性斜長石・石英および有色鉱物を主成分とする優白質粗粒完晶質岩。有色鉱物は無色鉱物に比べてはるかに少ない。斜長石の量が増大するにつれて、アダメロ岩・火崗閃緑岩に漸移する。
有色鉱物の種類により、次のように細分。両雲母花崗岩・黒雲母花崗岩・角閃石花崗岩・透輝石花崗岩など。
また、花崗岩は産状により、混成型花崗岩(原地性花崗岩)・混成遊大型花崗岩(準原地性花崗岩)・迸入型花崗岩に区分。
日本で普通、花崗岩といわれているものは、鉱物組成上・化学組成上、アダメロ岩や花崗閃緑岩に属する物が多い。
花崗岩成因論は、火成論と変成論の立場から論じられ、最近では、上部マントルからの初性花崗岩発生問題が重視されてきた。
花崗岩という用語は16世紀にさかのぼるが、正しい地質学的な地位は、J.HuttonとJ.Hall(1790)が確立。
ラテン語のgranumは、粒を意味する。

固有の特徴

《高瀬型花崗岩》
長野県に分布する花崗岩は、古期花崗岩類と新期花崗岩類にわけられる。
古期花崗岩類は、古生代末~三畳紀と推定される、下ノ本型花崗岩と船津型花崗岩にわけられ、新期花崗岩類は中生代白亜紀と推定される、高瀬型花崗岩・仁科型花崗岩・秩父型花崗岩に分けられている。
高瀬型花崗岩は、桃色~白色花崗岩で、中生代白亜紀末の貫入と推定されている。
高瀬川を中心に裏銀座連峰中部以北一帯に広く分布し、南は梓川をへだてて木曽山地一帯におよんでいる。また、この花崗岩は、地域によって細分されている。
写真は、梓川支流の大白川に露頭するもので、有色鉱物として黒雲母、白色にみえる斜長石、写真ではやや灰色にみえるが、透明な石英から構成されている。

採取地写真

25_1_a.jpg

Page Top