長野岩石図鑑

花崗岩(granite)『伊奈川花崗岩』 上伊那郡中川村(小渋ダム)

概要

28_2_a.jpg
岩種 火成岩
地質年代 中生代 白亜紀
採取地 上伊那郡中川村(小渋ダム)

一般的な特徴

《花崗岩(granite)》
カリ長石・酸性斜長石・石英および有色鉱物を主成分とする優白質粗粒完晶質岩。有色鉱物は無色鉱物に比べてはるかに少ない。斜長石の量が増大するにつれて、アダメロ岩・火崗閃緑岩に漸移する。
有色鉱物の種類により、次のように細分。両雲母花崗岩・黒雲母花崗岩・角閃石花崗岩・透輝石花崗岩など。
また、花崗岩は産状により、混成型花崗岩(原地性花崗岩)・混成遊大型花崗岩(準原地性花崗岩)・迸入型花崗岩に区分。
日本で普通、花崗岩といわれているものは、鉱物組成上・化学組成上、アダメロ岩や花崗閃緑岩に属する物が多い。
花崗岩成因論は、火成論と変成論の立場から論じられ、最近では、上部マントルからの初性花崗岩発生問題が重視されてきた。
花崗岩という用語は16世紀にさかのぼるが、正しい地質学的な地位は、J.HuttonとJ.Hall(1790)が確立。
ラテン語のgranumは、粒を意味する。

固有の特徴

《伊奈川花崗岩》
本岩は木曽山脈中部から南・東濃~三河地方にかけて中部地方領家帯の西縁近くに分布する。領家帯の新期花崗岩類であり、比較的分布範囲が広い。
主成分鉱物は、角閃石・黒雲母・カリ長石・斜長石・石英で、副成分鉱物として燐灰石・ジルコン・チタン石・褐レン石・不透明鉱物を含む。
本岩は岩相変化が著しく、岩体の東側では片麻状構造の著しい花崗閃緑岩であるが西方にいくにつれて均質な花崗閃緑岩となる。

採取地写真

28_1_a.jpg

Page Top