長野岩石図鑑

砂岩(mudstone)『上籠砂質泥岩層』 上水内郡 信州新町 日原西

概要

04_2_a.jpg
岩種 堆積岩
地質年代 新第三紀 鮮新世(上籠砂岩)
採取地 上水内郡 信州新町 日原西

一般的な特徴

《砂岩(sandstone)》
砂粒が膠(こう)結されてできた岩石。砂粒の大きさ、その鉱物組成、膠結物の種類とその砂粒に対する量比、膠結の程度などにより性質を異にし、それにより分類される。
1)砂粒の粒径による分類【Wentworth(1922)の粒度スケ-ル】
極粗粒砂岩(2~1㎜)・粗粒砂岩(1~1/2㎜)・中粒砂岩(1/2~1/4㎜)細粒砂岩(1/4~1/8㎜)・微粒砂岩(1/8~1/16㎜)モ-ドが二つ以上ある場合には、含礫砂岩・シルト質砂岩・粘土質砂岩などと呼ぶ。これらは量比によって、砂質礫岩・砂質シルト岩・砂質頁岩・その他に変わる。
2)膠結物による分類
泥質砂岩(シルト質砂岩・粘土質砂岩など)、石灰質砂岩、珪質砂岩、鉄質砂岩、炭質砂岩、レキ青質砂岩、凝灰質砂岩など。
3)鉱物組成による分類
砂粒の鉱物組成によって、石英質、長石質、石質(岩片質)などに分けられる。
通常の砂岩については、まず膠結物によって、泥質基質が多い(15~20%以上)もの(ワッケ)と、膠結物が何も無いか、あるいは少量の石灰分、珪酸分などを持っているもの(アレナイト)とに二大別し、そのあとを砂粒の鉱物組成によって分けることが多い。

固有の特徴

《上籠砂質泥岩層》
本層は北安曇郡八坂村下上籠から上上籠にかけて模式的に分布し、層厚は650mある。分布は高府向斜に支配されて、大姥山をとりまくように、金熊川流域の大塚、長畑付近から地志原、上上籠、犀川西岸の栃沢から犀川の東岸にのび、鹿道、里穂刈、西平付近まで達している。
下位の野平砂質泥岩層を整合に覆い、上位の大姥山塊状砂岩層に整合に覆われている。
岩相は砂質泥岩を主とし、硬い石灰質砂岩をはさみ、部分的に硬いシルト岩と軟い砂質泥岩の互層になっているところもある。砂質泥岩は、その下部にノジュ-ルを含むことが特徴で、これによって野平層の砂質泥岩と区別することができる。
砂岩は細粒のものが多いが、ときにより中粒または粗粒となり、葉理が良く発達している。下位の野平層より植物化石の破片が多く含まれており、これによっても区別することができる。最下部の砂岩層は粗粒で漣痕ガ多く、礫岩に移りかわる。大姥山から南にのびる尾根-大洞-生袋-小松尾-石畳を絡高府向斜の延長があるため、東翼と西翼では走向・傾斜が異なる。西翼では走向はN30~40゚W,傾斜は30~40゚NEで、東翼ではN40~60゚E・30~50゚NWを示している。化石は非常に少なく、上上籠の砂質泥岩中から二枚貝が産したが、極めて保存が悪く鑑定できない。

写真は硬い石灰質砂岩の部分。

採取地写真

04_1_a.jpg

Page Top