長野岩石図鑑

流紋岩(rhyolite)『和田峠火山岩類』 諏訪郡下諏訪町(和田峠)

概要

35_2_a.jpg
岩種 火成岩
地質年代 第四紀 更新世
採取地 諏訪郡下諏訪町(和田峠)

一般的な特徴

《流紋岩(rhyolite)》
化学組成上、花崗岩に対応する珪長質火山岩の総称。
Rosenbushをはじめヨ-ロッパの多くの学者は、珪長質火山岩を先第三紀と第三紀以後とに分け、前者を石英斑岩、後者を流紋岩とぶ習慣があった。
アメリカや日本では、その産出時代とは無関係に産状によって両者が使い分けられている。
流紋岩は一般に斑状をなし、石英・アルカリ長石(サニディン*1・アノ-ソクレ-ス*2または正長石)・少量のソ-ダ斜長石および黒雲母(または角閃石稀に輝石)の斑晶を有する。鉄苦土鉱物およびカルシウム斜長石の増加に応じて、流紋石英安山岩に移化。
石基はガラス質ないし隠微晶質・珪長質で、流理・球顆・団塊・気泡などの構造を示すことが多い。
溶岩・火砕岩あるいは岩脈を成す。
日本では、白亜紀(西南日本内帯)と新第三紀(グリ-ンタフ地域)に多量に噴出した。
石英粗面岩と同義語。

固有の特徴

《和田峠火山岩類》
この火山岩類は、三峰下部火山岩類を覆い、鷲ガ峰火山岩類に覆われ、堅い流紋岩と真珠岩~黒曜岩、および角閃石含有黒雲母石英安山岩などから成っている。
流紋岩の岩相は、一般に灰白色で顕著な層理を呈し、無斑晶質で比較的硬質である。
灰白色硬質流紋岩の多孔質な部分には晶洞鉱物として直径1~13㎜大のザクロ石が認められる。
和田峠トンネル付近の硬質流紋岩の鏡下での特徴は、斑晶はごく少なく稀に斜長石・石英・赤鉄鉱・黒雲母などが認められる。石英は径0.2~2.5㎜程度のもので自形を呈し、金斑晶の90%を占める。石基はほとんどガラス質であるがときに斜長石の微晶も認められ、流理構造があり、球顆状組織が発達している。

採取地写真

35_1_a.jpg

Page Top