長野岩石図鑑

砂岩(sandstone)『来馬層』 北安曇郡 小谷村 北小谷

概要

05_2_a.jpg
岩種 堆積岩
地質年代 中生代ジュラ紀 (来馬層)
採取地 北安曇郡 小谷村 北小谷

一般的な特徴

《砂岩(sandstone)》
砂粒が膠(こう)結されてできた岩石。砂粒の大きさ、その鉱物組成、膠結物の種類とその砂粒に対する量比、膠結の程度などにより性質を異にし、それにより分類される。
1)砂粒の粒径による分類【Wentworth(1922)の粒度スケール】
極粗粒砂岩(2~1㎜)・粗粒砂岩(1~1/2㎜)・中粒砂岩(1/2~1/4㎜)細粒砂岩(1/4~1/8㎜)・微粒砂岩(1/8~1/16㎜)モ-ドが二つ以上ある場合には、含礫砂岩・シルト質砂岩・粘土質砂岩などと呼ぶ。これらは量比によって、砂質礫岩・砂質シルト岩・砂質頁岩・その他に変わる。
2)膠結物による分類
泥質砂岩(シルト質砂岩・粘土質砂岩など)、石灰質砂岩、珪質砂岩、鉄質砂岩、炭質砂岩、レキ青質砂岩、凝灰質砂岩など。
3)鉱物組成による分類
砂粒の鉱物組成によって、石英質、長石質、石質(岩片質)などに分けられる。
通常の砂岩については、まず膠結物によって、泥質基質が多い(15~20%以上)もの(ワッケ)と、膠結物が何も無いか、あるいは少量の石灰分、珪酸分などを持っているもの(アレナイト)とに二大別し、そのあとを砂粒の鉱物組成によって分けることが多い。

固有の特徴

《来馬(くるま)層群》
 北小谷地域から北西に広がり、新潟県西部から富山県東部にかけて広く分布する中生代前期ジュラ紀の堆積岩で、本層の名の発祥地は小谷村北小谷の来馬であるが主分布地域は新潟県犬ケ岳を中心としており、北小谷のものは大所川流域の蛇紋岩の貫入のために、主分布地域から隔離されて孤立状態になっている。
 北小谷地域の来馬層には鍵層となるような海成層がないので、確実な対比はできないが、全体的に見ると、砂礫岩~含化石砂岩頁岩~砂礫岩の一堆積輪廻をなしている。大部分は砂岩と黒色頁岩の互層で、30~50cm、時には幅2mの縞状互層となり、来馬部落の姫川岸には見事な層理が露出している。ここではNNW方向の向斜軸の両翼として分布し、姫川東岸の国道から良く見える。
 本属の一般的走向は東西で、傾斜は南であるが、断層群によって甚だしく乱れている。また姫川沿いの珪質の古生層に対して本属の下部の砂礫岩層が不整合にのっていると推定されているが、基底は露出していない。
 古生層と断層関係で接しているところが見られ、この間に蛇紋岩が貫入し、蒲原駅下流では来馬層の砂礫岩が接触変成を受けている。
浦川北岸では上部層が分布しているが、波状褶曲で擾乱のされ方が激しい。

採取地写真

05_1_a.jpg

Page Top