長野岩石図鑑

砂岩(sandstone)『奈良井層』 木曽郡 楢川村 奈良井

概要

07_2_a.jpg
岩種 堆積岩
地質年代 古生代(奈良井層)
採取地 木曽郡 楢川村 奈良井

一般的な特徴

《砂岩(sandstone)》
 砂粒が膠(こう)結されてできた岩石。砂粒の大きさ、その鉱物組成、膠結物の種類とその砂粒に対する量比、膠結の程度などにより性質を異にし、それにより分類される。
1)砂粒の粒径による分類【wentwoth(1922)の粒度スケール】
極粗粒砂岩(2~1㎜)・粗粒砂岩(1~1/2㎜)・中粒砂岩(1/2~1/4㎜)細粒砂岩(1/4~1/8㎜)・微粒砂岩(1/8~1/16㎜)モ-ドが二つ以上ある場合には、含礫砂岩・シルト質砂岩・粘土質砂岩などと呼ぶ。これらは量比によって、砂質礫岩・砂質シルト岩・砂質頁岩・その他に変わる。
2)膠結物による分類
泥質砂岩(シルト質砂岩・粘土質砂岩など)、石灰質砂岩、珪質砂岩、鉄質砂岩、炭質砂岩、レキ青質砂岩、凝灰質砂岩など。
3)鉱物組成による分類
砂粒の鉱物組成によって、石英質、長石質、石質(岩片質)などに分けられる。
通常の砂岩については、まず膠結物によって、泥質基質が多い(15~20%以上)もの(ワッケ)と、膠結物が何も無いか、あるいは少量の石灰分、珪酸分などを持っているもの(アレナイト)とに二大別し、そのあとを砂粒の鉱物組成によって分けることが多い。

固有の特徴

《奈良井層(領家帯)》
本層は領家変成帯の黒雲母粘板岩帯の最下位のものである。
泥岩・砂岩を主とし、しばしば海底地すべり堆積物が見られる。
上部に礫岩・石灰岩・塩基性-中性火山岩がある。
模式地は、上伊那郡箕輪町西部の大出川、深沢川で、層厚は1500m以上と推定される。
本属は一般に細粒砕屑岩類で特徴付けられるが、本属上部の特徴は礫岩が見られることである。泥質もしくは細粒岩質の基質中に径数cmのチャ-トの円礫と、泥岩、あるいは細粒砂岩の偽礫が乱雑に配列している。その他、石灰岩のレンズや塩基性-中性火山岩(主として玄武岩質凝灰岩)を伴っている。

写真は砂岩層で非常に硬質。

採取地写真

07_1_a.jpg

Page Top