長野岩石図鑑

粘板岩(slate)『藪原層』 木曽郡楢川村奈良井

概要

19_2_a.jpg
岩種 堆積岩
地質年代 古生代(薮原層)
採取地 木曽郡楢川村奈良井

一般的な特徴

《粘板岩》
泥岩や頁岩が圧力による低変成をうけて硬く緻密になったもの。中・古生界に多い。堆積面に無関係に剥離しやすい。灰黒~黒色。
少量の炭質物・黄鉄鉱・雲母・方解石・石英・金紅石などを含むことが多い。
粘板岩の変成の少し進んだものが千枚岩である。
昔は瓦・石板などに利用されたが、今でも砥石や硯石に使われる。
碁石(黒石)の材料として有名な那智黒も黒色粘板岩の一種である。

固有の特徴

《藪原層(領家帯)》
内帯古生層(美濃相)の一部で、梓川流域に分布する「梓川層群」の延長線上である、木曽郡木祖村藪原および奈良井川沿岸に模式的に発達する。
層厚は、1500m以上とされる。
チャ-ト、珪質粘板岩が主で、ところによって、輝緑凝灰岩・石灰岩が挾まれる。
全域、チャ-トの発達が顕著である。珪質粘板岩は千枚岩状で、薄く剥げ易い。
マンガン鉱の含まれているところもある。
一般的走行NNS-S SW・傾斜SEの単斜構造である。しかしこの地域の地質構造も、いくつかのオ-ダの褶曲の波が複合し、両翼がとじ、等褶曲面をなしているものと推定されている。
奈良井層に見掛け上(構造上)整合に重なる。

採取地写真

19_1_a.jpg

Page Top