長野岩石図鑑

凝灰岩(tuff)『横尾層』 小県郡真田町傍陽(傍湯川左岸)

概要

13_2_a.jpg
岩種 堆積岩
地質年代 新第三紀 中新世(横尾層)
採取地 小県郡真田町傍陽(傍湯川左岸)

一般的な特徴

《凝灰岩(tuff)》
火山灰が固結して生じた火砕岩、すなわち構成粒子の大部分が直径4㎜以下である火砕岩の総称。


《火砕岩(pyroclasticrock)》
火山砕屑物が固結して生じた岩石。火山砕屑岩ともいう。
直接火山活動によって堆積し生じたもののほかに、火山作用以外の営力(風、流水など)によって再堆積し固結した岩石も含まれる。したがって、火山源以外の砕屑物質を少量含む場合もあり、その量が多くなれば非火山性の砕屑岩へ移化。

固有の特徴

横尾層
 新第三紀己中新世の堆積岩。
 本層は坂城町入横尾を南限として、御所沢・平沢・和平を経て鏡台山をとりまくように伸びて、松代町・真田町境の地蔵峠付近まで分布する。
 標準露頭としては、坂城町平沢部落の西南500mより南に下る林道平沢~四ツ屋線沿い、特に四ツ屋部落に近い終点付近があげられる。
 層厚は、名沢川上流で約390m。
 太郎山層と整合に重なり、森層に整合に覆われ、主として緑色凝灰岩層・黒色頁岩層・凝灰岩質砂岩からなる地層である。
 本層の下部は主として緑色凝灰岩層と黒色頁岩層からなり、上部は主として頁岩層からなる。
 下部の緑色凝灰岩は第一型・第二型・第三型に分類されているが、何れも鍵層とはならない。横尾層には有効な鍵層はないが、上位層である森層の下限をなす、第一流紋岩質凝灰岩層が鍵層とされている。
 本層の緑色凝灰岩は太郎山層のものに比べて、一般に軟らかい。緑色凝灰岩は下部のものは細粒均質であるが、上部になると淡黄緑色で、均質のものもあるが不均質で暗緑色のパッチを含むことが多い。

採取地写真

13_1_a.jpg

Page Top