環境分野

自然環境

生物・自然環境保全

日本には貴重な動植物がたくさんいます。私たちは、土木工事等の開発行為によって少なからず影響を受けるこうした「小さな存在」を環境調査によって明らかにします。そのうえで、工事による影響の回避、またはインパクトを最小限におさえるための提案だけでなく、計画や設計への実践にも取り組んでいます。ちょっとした「知恵と工夫」を大事にし、豊かな自然環境を守るために、生態系、生物多様性の保全に努めています。

  • 各種生物調査(発信器を利用するバイオテレメトリ調査、工事の影響を軽減するための猛禽類繁殖行動の監視、ニホンザリガニの移植)
    ▲各種生物調査(発信器を利用するバイオテレメトリ調査、工事の影響を軽減するための猛禽類繁殖行動の監視、ニホンザリガニの移植)
  • 郷土の自然を復元するIC計画(フクジュソウの移植、地域の樹木の種子から育てる苗木、市民参加型の植栽計画の立案)
    ▲郷土の自然を復元するIC計画(フクジュソウの移植、地域の樹木の種子から育てる苗木、市民参加型の植栽計画の立案)

古環境

地中には、まだまだたくさんの貴重な情報が眠っている可能性があります。地質調査に関わってきた経験と知識を駆使し、古文書などに残る情報や太古の地層からの情報をもとに、過去に生存していた生き物たちの存在とその年代、さらに、その環境(古環境)までも解き明かします。何気ない場所の重要性を再評価することにより、地域に眠る知られざる貴重な環境保全に貢献しています。

  • 札幌市を流れる豊平川に眠るカイギュウ発掘調査
    ▲札幌市を流れる豊平川に眠るカイギュウ発掘調査
  • 古地図を利用した地形解析と湧水環境の再評価
    ▲古地図を利用した地形解析と湧水環境の再評価

Page Top