防災分野

河川・砂防・海岸

防災施設

河川や海岸周辺に広がる平坦地形は、山地の多い日本では、人々の活動や生活拠点が集中するため、洪水や津波などによる被害が甚大になります。河川堤防、護岸、海岸堤防およびこれらに付随する樋門等の様々な構造物は、直接的あるいは間接的に人命、財産、社会基盤を守る重要な防災施設です。地形、地質・土質的な要素だけでなく、自然環境、社会環境も考慮しつつ、安全な施設の設計に取り組んでいます。

河岸を保護する護岸工と河床高を維持する帯工の設計・検討
▲河岸を保護する護岸工と河床高を維持する帯工の設計・検討
▲内水氾濫による被害軽減のための樋門の設計・検討 海岸堤防の設計・検討(イメージ図)
▲内水氾濫による被害軽減のための樋門の設計・検討 ▲海岸堤防の設計・検討(イメージ図)
▲津波避難階段の設計検討
▲津波避難階段の設計検討

土石流

土石流とは、山腹や渓床、渓岸の石、土砂、流木が集中豪雨等により水と一体と流下する現象です。地形条件によっては40km/hに達することもあり、広範囲の人家、畑、道路などを一瞬にして破壊、埋没させます。砂防堰堤等の土石流対策施設は、この土石流に対し、人命、財産、社会基盤を守る重要構造物です。災害の未然防止、または災害発生後の復旧に対し、想定する外力に対して安全な施設の設計に取り組んでいます。

土石流対策の設計検討事例(土石流発生直後の状況と緊急対応によるワイヤーネット工、流木災害にも対応可能な透過型砂防堰堤)
▲土石流対策の設計検討事例(土石流発生直後の状況と緊急対応によるワイヤーネット工、流木災害にも対応可能な透過型砂防堰堤)

土砂災害

土砂災害防止法は、土砂災害に対し、国民の生命を守るため、土砂災害のおそれのある区域を明らかにし、危険周知、警戒避難態勢の整備等々のソフト対策を推進しようとするものです。基礎調査は、渓流や斜面など土砂災害により被害を受けるおそれのある箇所の地形、地質、土地利用状況を調査し、土砂災害警戒区域等の検討を行うものです。私たちは、全国各地でこの基礎調査を行い、土砂災害の被害軽減につながるソフト対策の充実に向けて取り組んでいます。

基礎調査にもとづく特別警戒区域(レッドゾーン), 警戒区域(イエローゾーン)が反映された土砂災害ハザードマップ
▲基礎調査にもとづく特別警戒区域(レッドゾーン), 警戒区域(イエローゾーン)が反映された土砂災害ハザードマップ

Page Top