技術・サービスのご案内

Merex-D

Merex-D

NETIS(新技術情報提供システム;New Technology Information System)登録

登録ナンバー;HK-110041-A
http://www.netis.mlit.go.jp/NetisRev/Search/NtDetail1.asp?REG_NO=HK-110041&TabType=2&nt=nt

長期にわたる連続的な計測

長期的に地形の変位を計測し、地盤の動きや構造物の動きを正確にキャッチすることができます。また、計測距離にかかわらず誤差±2mmの高精度を実現。

長期にわたる連続的な計測

遮蔽物の影響を受けにくい拡散レーザ

通常のレーザ光線を拡散させ、スポット径を広げることによって、雨や雪、草葉などの遮蔽物のある環境でも安定した計測を可能とし、あわせて人体への影響も軽減します。

遮蔽物の影響を受けにくい拡散レーザ

本体と反射板のみのシンプルな構成!

計測のしにくい場所や危険な場所でも、容易に設置、撤去ができるので、コスト低減につながります。

本体と反射板のみのシンプルな構成!

警報システム

警報装置と組み合わせることで、工事現場の安全管理や傾斜地の監視に役立ちます。
警報の出力は計測間隔毎に行います。

警報システム

実機による計測例

のり面補修工事での設置例

ソーラー発電パネル、警報装置付き

のり面補修工事での設置例

地下発電所の内空変位計測

地下発電所の内空変位計測

地すべりの現場や構造物の変位測定、のり面工事の施工管理にも使用されています。また、JICAの事業でインドネシアにも設置しております。

大学/公設試験研究機関による性能評価

視界不良を想定した降雨実験の模様。設定雨量200㎜/hの状況下においても安定した精度の高い計測能力が確認されています。

  • 大学/公設試験研究機関による性能評価 ※日本での1時間降水量の過去最大値は182㎜です。
  • 大学/公設試験研究機関による性能評価 大型降雨実験施設
    (独)防災科学技術研究所所有

拡散レーザ変位計「Merex-D」の開発にあたっては、山口大学 大学院理工学研究科の清水則一教授( 工学博士)に、実証実験の実施や取得データの分析について多大なご助言をいただきました。

仕様

拡散レーザ変位計 仕様

レーザ光線径 直径10mm以上200mm(100m時)以下
測定距離(基線長) 7m~140m
表示分解能 0.1mm
測定精度 ±2.0mm(実使用環境に依存)
測定間隔 1/5/10/30分、 1/6/12/24時間
内蔵メモリ容量 10,000回以上(1時間毎の計測で1年以上分)
外部通信 データターミナル(Merex-T:別売)による特定省電力無線
レーザクラス クラス2レーザ製品(JIS C6802)
防塵防水仕様 IP66
電源 DC12V ±4V
消費電力 最大1.5W
使用温度範囲 -20℃~+50℃
外形寸法、重量 レーザユニット:114×268×310mm、6.0kg
反射シート:225×225mm
反射シート取付板:264×264mm(アクリル製)

警報機能 仕様

警報接点容量 DC30V/100mA(オープンコレクタ出力、有極性)
※ケーブルはオプション
  • レーザユニット外観 ▲レーザユニット外観
    ※台座は別売となります
  • 反射板(測点) ▲反射板(測点)
  • データターミナル(Merex-T:別売) ▲データターミナル(Merex-T:別売)

お問い合わせ先

明治コンサルタント株式会社

〒064-0807 北海道札幌市中央区南7条西1丁目21番地1
TEL 011-562-3066(代表)/URL http://www.meicon.co.jp/

共同開発

株式会社レクザム

〒541-0054 大阪府大阪市中央区南本町2-1-8

Page Top