土木分野

維持・保全

防災施設

防災施設の維持・管理への取り組みは、道路やトンネル等の道僕構造物、道路インフラよりも遅れていると言えます。防災施設は、「日常」よりも「いざ」という時に機能が発揮されることが計画的な維持・管理が重要です。私たちは、防災施設の計画・設計で培ってきたこれまでのノウハウを生かし、施設点検だけでなく、膨大な数にのぼる防災施設の効果的な補修、管理計画の立案まで行っています。

▲各種防災施設の点検・健全度調査
▲各種防災施設の点検・健全度調査
▲熱赤外線映像法による擁壁の空洞調査
▲熱赤外線映像法による擁壁の空洞調査
▲砂防堰堤の長寿寿命化計画の検討
▲砂防堰堤の長寿寿命化計画の検討
(維持管理対象施設の優先度検討)

橋梁

橋梁の維持・管理の目的は大きく「耐震補強」「長寿命化」の二つに分けて考えられます。検討に先立ち、現地調査を行うと ともに、新しい工法や材料の情報を収集し、安全性、機能性、経済性、施工性などを十分に検討し最適案を提案いたします。

  • ▲橋梁点検
    ▲橋梁点検
  • ▲橋梁点検
    ▲橋梁点検
  • ▲橋脚耐震補強(RC巻立て工法)
    ▲橋脚耐震補強(RC巻立て工法)
  • ▲落橋防止構造
    ▲落橋防止構造

トンネル

高度経済成長期に作られたトンネルで老朽化問題が顕在化してきています。国や自治体も今までの点検 のあり方から見直し、症状に合った対応を行うことになります。まずは現状の正確な把握が必要です。

  • ▲トンネル内ファイバースコープ観察
    ▲トンネル内ファイバースコープ観察
  • ▲トンネル緊急点検
    ▲トンネル緊急点検

Page Top