研究開発・社会貢献

パイプ傾斜計 Dr.Clip

Dr.Clip

「こんな観測機器が欲しかった」を形に

  • 加速度センサの採用により傾斜量の連続観測を実現。
  • 加速度センサの設置間隔は現場条件に合わせてカスタマイズ可能。
  • 加速度センサは独自開発のユニット構造により高耐久性を実現。
  • センサケーブルのシンプル構造で設置作業の効率も向上。
  • ケーブルガイド構造の採用により、地下水位も同時に観測可能。
  • 観測コスト削減・作業効率の向上に貢献します!!!
こんなお悩みはございませんか?
計測器名 測定の目的 長所 短所
パイプひずみ計
  • すべり面深度の決定
  • 機器が安価
  • 簡便
  • 自動観測可
  • 地下水観測が並行計測可能
  • 短寿命(地下水の浸透)
  • 値=変位量ではない
  • 深度が深くなると孔径が大きくなる
孔内傾斜計
(挿入式)
  • すべり面深度の決定
  • 土塊変位量の測定
  • 高精度
  • 定量的なデータ(角度)が得られる
  • 機器が高価
  • 自動観測は非常に高価
  • 地下水観測は別項必要
パイプ傾斜計
設置イメージ
▲地すべり地おける観測イメージ
※拡散レーザ変位計、エリアネット傾斜計は弊社Merex シリーズ製品です。

パイプ傾斜計の特徴

MEMS 加速度センサを独自の防水構造でパイプに装着し、高耐久性を実現しました。

  • センサユニット(上:表側、下:裏側)
    ▲センサユニット(上:表側、下:裏側)
  • センサユニット(内部構造)
    ▲センサユニット(内部構造)

パイプ内に空間を確保することで、従来の水位センサ等を使用可能です。

  • 塩ビパイプ断面
    ▲塩ビパイプ断面
  • 塩ビパイプ断面(センサケーブル挿入イメージ)
    ▲塩ビパイプ断面(センサケーブル挿入イメージ)

センサケーブルを1本化したシンプルな構造なため、配線処理が簡単です。

  • 塩ビパイプ断面
    ▲塩ビパイプ断面
  • 塩ビパイプ断面(センサケーブル挿入イメージ)
    ▲塩ビパイプ断面(センサケーブル挿入イメージ)

標準品は、10m 間隔に方位センサを装着していますので、傾斜方向の算出が可能です。

傾斜センサ・方位センサの軸方向イメージ図
▲傾斜センサ・方位センサの軸方向イメージ図

仕様

パイプ傾斜計の仕様表

機能 仕様
傾斜角測定 分解能 0.01°
精度 ±0.5°以下
方位角測定 分解能 0.1°
範囲 0°~359°(0°を北に時計回り)
測定・記録間隔 選択式(5分、10分、30分、1時間、2時間、6時間、12時間、24時間)
ロガー内蔵メモリ 1時間間隔にて330日(測定8,000回分)
標準装備仕様 傾斜角センサ 1m毎に1基
方位角センサ 10m毎に1基
センサ装備数 ロガー1基に対し、傾斜センサ最大60基
ロガー電源 DC12V(外部接続)(1時間間隔の計測時28Ahバッテリ
ーで約3ヶ月)
基準取付パイプ 本体 塩ビ管VP50 L=1000mm ストレーナ・取付スリット加工品
ケーブルガイド 塩ビ成形品 L=700mm
継手 塩ビ管VU50 L100mm スリット加工品
フィルター 掘削深度分

※1 組立には別途、ネジが必要です。推奨:皿頭ドリルネジ(M4×13)
※2 傾斜センサを0.5m 間隔での設置等、納期に時間を頂きますが特注品も対応可能です。
お問い合わせください。

構造

パーツ分解図
  • データロガー
    ▲データロガー
標準取付パイプ概要
▲標準取付パイプ概要

データ整理・解析

データは、CSV ファイルで出力されるため付属のテキスト変換ソフトにより従来と同様のデータ整理が可能です。(弊社では、パイプ傾斜計の専用解析ソフト等は開発しておりません。)
※五大開発株式会社製「計測データ図化システムGGRAPH」用にテキスト変換が可能です。

GGRAPH による図化例
▲GGRAPH による図化例

実証実験データ

活動中の地すべり地においてパイプひずみ計の計測値と比較検証を行った結果、パイプ傾斜計は、パイプひずみ計と同様に地中の変化を捉えており、変位量の算出も可能です。

パイプ傾斜計とパイプひずみ計の計測値の日別累積柱状図
▲パイプ傾斜計とパイプひずみ計の計測値の日別累積柱状図

標準で10m毎に方位センサを装備していますので、深度毎の傾斜方向の算出が可能です。

パイプ傾斜計移動方位
▲パイプ傾斜計移動方位

お問い合わせ先

明治コンサルタント株式会社

〒064-0807 北海道札幌市中央区南7条西1丁目21番地1
TEL 011-562-3066(代表)/URL http://www.meicon.co.jp/

共同開発

株式会社坂本電機製作所

〒811-0202 福岡県福岡市東区和白3-27-55

Page Top